大祓人形

初穂料:¥1,000
分類コード: hpd0005
関連カテゴリ
毎年六月三十日と大晦日の十二月三十一日の年2回、その半年の罪穢れ・過ちを祓う儀式が行われます。これを大祓式と言い、龗神社では六月は夏越(なごし)の大祓式、十二月は晦日(つごもり)の大祓式として行っています。
その大祓式の際、この形代と呼ばれる人形の和紙に名前と年齢、場合によっては住所などを書き記し、その紙で体をさすり、最後に息を吹きかけて玉串料と共に神社に納めます。

※頒布期間は6月初旬から6月30日17:00迄、12月初旬から12月31日14:00迄となります。
※システムの都合上初穂料額が表示されておりますが、これは一世帯当たりの目安であり、決まっているものではありません。
※おひとりで大祓形代を納められたい場合、500円程度より承ります。

限定御朱印

令和4年 北東北観光限定御朱印

令和四年7月1日から令和四年9月30日まで行われる、JR東日本と北東北三県による大型観光キャンペーンとのタイアップにより、龗神社では期間限定の御朱印を頒布する事となりました。

頒布期間は上記観光キャンペーン期間内と同一で、初穂料は1,500円になりますが、一部を山車組の維持継承の為に寄付金とさせて頂きます。

また、7月31日から8月中旬のお盆期間までの間、御朱印の山車絵を元に製作された山車の実物が、龗神社拝殿前に奉納展示されますので、お近くにお越しの際は是非お運びください。

義経北行伝説

当神社は、源義経が平泉で自害せずに北へ向かったという、所謂義経北行伝説ゆかりの場所です。

鳥居の建つ場所は義経正妻の京久我大臣姫が自害した場所と伝わっており、その手鏡が所蔵されています。

また、江戸期にこの地方に伝わる義経北行に関する口伝を書き留めた「類家稲荷大明神縁起」という古文書が本殿より発見されました。

ページトップへ