大祓のお人形(ヒトガタ)に関する御案内

大祓(おおはらえ)とは、6月と12月の晦日に全国ほとんどの神社で執り行われている、人々が常日頃の生活において無意識に犯してしまっている罪や触れた穢れなどを祓う行事です。

古来神代の昔、伊弉諾尊が筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で行ったとされる禊祓を起源とし、神社に出向き、人形(ひとがた)と呼ばれる形代の紙を頂いてその人形に罪穢れの禊を託して祓うという習慣があり、現在でも全国で行われています。

従来より氏子・崇敬者をはじめ、八戸三社大祭龗神社関係者の方などが受けられますが、龗神社の場合近年に至っては、特に12月の晦日大祓の際に受験生の方々が友人同士でお受けになられたり、部活動や学校のクラス又は学年で受けられるケースもあります。

毎年六月三十日 夏越大祓

夏越大祓は、以下の通り行われます。

人形頒布期間 6月1日8時30分から6月30日17時まで
人形受付期間 6月10日8時30分から6月30日17時30分まで
夏越大祓式 6月30日 18時開式
一般参列 夏越大祓式は一般の参列者も昇殿の上参列が可能です。ご希望の場合、6月30日の16時45分までに神社拝殿までお越しください。人形は昇殿の際神職にお渡しください。
初穂料 人形袋に初穂料をお納めの方は別途初穂料をお納め頂く必要はありません。別途お納め頂ける場合は、昇殿の際神職にお納めください。

毎年十二月三十一日 晦日大祓

晦日大祓のお人形は、以下をご参考にお受け下さい。特にお時間に関しましては、夏越大祓と異なりますのでご注意ください。

人形頒布期間 12月1日8時30分から12月31日14時まで
人形受付期間 12月10日8時30分から12月31日14時30分まで
晦日大祓式 12月31日 15時開式
一般参列 晦日大祓式は一般の参列者も昇殿の上参列が可能です。ご希望の場合、12月31日の14時45分までに神社拝殿までお越しください。人形をお持ちの方は、昇殿の際神職にお渡しください。
初穂料 人形袋に初穂料をお納めの方は別途初穂料をお納め頂く必要はありません。別途お納め頂ける場合は、昇殿の際神職にお納めください。

人形祓の受け方

  1. 当神社社務所へおいで頂き、人形を受け取ります。受取時に初穂料はございません。
  2. 一度各御家庭にお持ち帰りになり、人形に自分の名前と年齢を記入します。
  3. 体を人形でこすります。特に体調の悪い部分などをこする方が多いようです。
  4. 最後に人形に一息吹きかけます。
  5. 袋に戻し、初穂料を同封して当神社社務所までお持ちください。初穂料の定めはありませんが、5名程度1世帯でおおよそ千円程度お納めの方が多いようです。
    友人同士に於いても、5名前後で千円程度が最も多いようです。
  6. お持ち頂いた際に、撤下茶をお渡ししますので、持ち帰ってお召し上がりください。

限定御朱印

令和4年 北東北観光限定御朱印

令和四年7月1日から令和四年9月30日まで行われる、JR東日本と北東北三県による大型観光キャンペーンとのタイアップにより、龗神社では期間限定の御朱印を頒布する事となりました。

頒布期間は上記観光キャンペーン期間内と同一で、初穂料は1,500円になりますが、一部を山車組の維持継承の為に寄付金とさせて頂きます。

また、7月31日から8月中旬のお盆期間までの間、御朱印の山車絵を元に製作された山車の実物が、龗神社拝殿前に奉納展示されますので、お近くにお越しの際は是非お運びください。

義経北行伝説

当神社は、源義経が平泉で自害せずに北へ向かったという、所謂義経北行伝説ゆかりの場所です。

鳥居の建つ場所は義経正妻の京久我大臣姫が自害した場所と伝わっており、その手鏡が所蔵されています。

また、江戸期にこの地方に伝わる義経北行に関する口伝を書き留めた「類家稲荷大明神縁起」という古文書が本殿より発見されました。

ページトップへ